~専攻紹介~

看護学専攻

①看護とは?

看護学専攻は約80人という保健学科の中でもっとも人数が多い専攻です!人数が多いにもかかわらず看護学専攻のみんなはとても仲良し!休み時間の教室はとてもにぎやかです!

休み時間は賑やかな看護のみんなですが、いざ授業が始まると真剣に取り組むことができます!看護のみんなで授業も休み時間も良い雰囲気を作り互いに切磋琢磨できるのが看護学専攻の良いところです!

 

②どんな授業があるのか?

1回生の時には看護師の心構えを学ぶことができます。2回生になると学内演習が始まります。とても親切、丁寧な指導を受けることができるため学びを深めることができます。3回生では実際に病院にいき学内で学んだことを使って実習を行います。大変なことも多いですが将来のためになることをたくさん学ぶことができます。4回生では研究などを行います。先生にたくさんアドバイスをもらいながら行うことができます。

 

③受験生に一言!!

神戸大学の看護学専攻は先生方が熱心に授業をしてくださるとても良い所です!医学部ということもあり、どうしても他学部よりはサークルなどの自由時間は取りづらくなってしまいますが、将来に向けての力は確実につきます。本気で看護師や保健師、助産師になりたい方にとっては学ぶ機会が多い最適な環境だと日々感じています。皆さんと一緒に学ぶ日が来ることを楽しみにしています!

 

検査技術学専攻

①検査とは

「厚生労働大臣の免許を受けて、臨床検査技師の名称を用いて、医師又は歯科医師の指示の下に、厚生労働省令で定める検体検査、及び生理学的検査を行うことを業とする者」です。検体検査と生理学的検査に大きく分けられ、その中にも様々な種類の検査があり、幅広く検査を行います。

 

②どんな授業があるか

1、2年次は病理学、解剖学など、専門科目を理解していく上で基礎となる科目が多くあります。

3年次以降は専門科目中心に授業があります。各種検査について学ぶ生理機能検査学をはじめ、病理の標本・染色について学ぶ病理組織細胞学、その他にも血液や遺伝子などについての授業があり、幅広く学修する必要があります。

 

③受験する人に一言

PCR検査が話題となり、臨床検査技師が注目され、その重要性が広がったと思います。責任が求められ、大変な仕事だと思いますが、楽しくて興味深い学問だと思っています。もし、興味があれば考えてみてください。

今年は初の共通テストに加え、コロナの影響で大変かと思いますが、勉強を頑張ってください!皆さんに会える日を待っています!!

理学療法学専攻

①理学療法士とは

主に全身のリハビリを行う仕事をします。患者さんが困っていることを、その人の生活に合わせて解決し、快適な生活に導く仕事です。神戸大学の理学療法学専攻は、1学年の人数が約20人と少ないため、同期との繋がりはもちろん、先輩や後輩との縦の繋がりもすごく強いのが特徴です。

 

②どんな授業があるか

授業は主に身体や精神のことに関わる授業が多いです。中でも解剖学については、他の大学では学べないレベルのことまで学ぶことができます。さらに、実践的な授業や実習が多く、理学療法士という仕事に直結するようなものがほとんどです。大変授業数が多く、1番大変な専攻と言っても過言ではないですが、将来に必ず繋がる大事な授業がほとんどなので、とても有意義な生活が送れます。

 

③受験生に一言!

受験では基本が1番大事だと思います。難しいことに拘らず、いかに確実に基本を抑えられるかが重要だと思います。大学での楽しい生活をイメージしながらあと少し頑張ってください!笑顔の皆さんに会える日を楽しみにしています。

作業療法学専攻

①作業療法とは

作業療法とは、身体または精神に障害のあるものに対し、主体的な生活の獲得を図るため、手芸・工芸その他の作業活動を用いて行う治療、訓練、指導及び援助のことで、作業療法士は、リハビリテーション職と称されるもののうちの一つです。作業療法士は、医療機関のみならず、保健、福祉、教育、職業関連など、さまざまな領域で活躍しています。

 

②どんな授業があるか?

1・2年生では、基本的な解剖学を学び、筋肉や骨の名前に詳しくなります!また、陶芸や革細工など、様々な作品作りをする授業があり、とても楽しいです!3年生になると、実際に病院へ行き、患者さんと関わる実習があります。その病院実習に向けて、学内実習では、患者さんとの関わり方や評価の仕方などを学びます。

 

③受験する人に一言

楽しい学校生活のために最後まで諦めずに自分を信じて頑張ってください!

作業療法学専攻では、専攻での行事が多いので、先輩や後輩と仲良くなれます!

2020年度名谷祭実行委員会

Festival logo